banner

看護系学会等社会保険連合

看護系学会等社会保険連合(看保連)は、学術的根拠に基づいて、社会保険医療・看護の在り方を提言し、看護の診療報酬体系の充実・適正化を促進することを目的とした組織です。2005年7月から現在49看護系学会団体で運営しています。

会議開催のお知らせ

只今、開催予定の会議はありません。

最新ニュース

●第7回情報交換会を開催します。
第7回情報交換会
 講演内容
  「成功事例から学ぶ!診療報酬改定に向けた活動の実際」
   第1部:「糖尿病合併症管理料」
         日本糖尿病教育・看護学会  数間 恵子先生
   第2部:「排尿自立指導料」
         日本創傷・オストミー・失禁管理学会  真田 弘美先生
 日時:平成29年11月7日(火)18時30分~20時
 場所:聖路加国際大学 アリス・C・セントジョン メモリアルホール
【参加方法】
   対象者:社)看護系学会等社会保険連合 社員および加盟学会・団体の関係者
   費用:無料
   申し込み:不要
詳細は「第7回情報交換会ご案内」パンフレットをご覧ください。

●2017年4月より日本運動器看護学会が加盟しました。

資料を掲載しました

●以下の資料を「活動報告」(会員専用ページ)に掲載いたしました。
・平成29年度 第3回理事会議事録
・平成29年度 第2回理事会議事録
・平成29年度 第1回理事会議事録

平成30年度予算編成に向けた自民党看護問題小委員会へ出席いたしました

平成29年9月5日に、自民党看護問題小委員会へ看保連井部俊子代表理事、宇都宮明美副代表理事、任和子委員長、事務局小野田が参加いたしました。会議参加にあたり、事前に日本看護連盟及び日本看護協会を通じて、平成30年度予算編成に向けた要望書を提出いたしました。

[要望書] (PDF:207kB)

平成30年度介護報酬改定に向けての要望書を提出いたしました。

看保連 井部俊子代表理事と山田雅子介護報酬体系のあり方に関する検討委員会委員長より厚生労働省老健局へ平成30年度介護報酬改定に関する要望書を提出いたしました。
北澤直美看護専門官(老健局老人保健課)、長谷川洋子係長(老健局老人保健課)へ内容を説明いたしました。(平成29年6月30日)

[要望書] (PDF:551kB)

平成30年度診療報酬改定に向けての要望書を提出いたしました。

看保連 井部俊子代表理事と小松浩子診療報酬体系のあり方に関する検討委員会委員長より厚生労働省保険局へ平成30年度診療報酬改定に関する要望書を提出いたしました。
鈴木康裕保険局長、奥田清子看護技官(保険局医療課)、佐山理絵看護技官(保険局医療課)へ内容を説明いたしました。
(平成29年6月16日)

[要望書] (PDF:1.31MB)

Copyright(c) 看護系学会等社会保険連合 All Rights Reserved.